夏だけに限らず年中、心掛けたいのは日焼け予防ですね。

日焼けは、ただお肌が黒くなるというだけではなく、ほくろやシミ、シワの原因となるからです。

ここで少しおさらい。紫外線のA波とB波についてです。

A波
波長が長いA波は、紫外線全体の95%を占めます。
すぐにお肌を赤く火傷させるというよりは、じわじわとお肌の内部にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などをつくり出す細胞を壊していきます。
お肌のしわやシミの原因になります。
B波
波長が短いB波は、紫外線全体の5%を占め、お肌表面にじりじり届いてお肌を焼きます。
すぐに赤くなったり水膨れのような症状を作ります。
メラニンを作ることでお肌を守るのですが、メラニン色素がお肌を黒くしてしまいます。
さて、これらの紫外線のお肌への影響はご存知の方も多いと思います。そのために日焼け対策で、日傘や長袖、手袋などをお使いのことと思います。
最近、実は、いわゆる「日焼け」はそれだけではないのです!!

‟スマホ焼け” をご存知ですか? 

毎日使うPCやスマホから出るブルーライトは、「第三の紫外線」とも呼ばれ、

お肌に及ぼす影響がじわじわとお肌内部を破壊していくUVA波に似ているそう。

16時間以上ブルーライトを浴びることが、直射日光20分浴びることにも相当すると言われます。

室内にいても避けられないブルーライトによる「日焼け」対策を!!

藻類由来のPEPHA®-AGEは紫外線やブルーライトによるお肌のダメージを最小限にとどめ、ローズヒップ種子オイルとともに、お肌を良い状態に戻します。

おすすめの記事