免疫細胞の集まるところ

問題です。

身体の中で、免疫細胞の60~70%が集まる臓器はどこでしょう?

答えは、

『腸』なんです。

腸は、消化器官であると同時に「免疫の司令塔」として、身体の中で欠かせない働きをします。

また腸は、ハッピーホルモン セレトニンや、やる気ホルモン ドーパミンの生成をする器官でもあり、心身の健康に欠かせない大切な臓器です。

腸内細菌とのコラボ

ヒトの腸管には500種類、600~1000兆個ともいわれる腸内細菌がいると言われます。

この腸内細菌と免疫細胞。これらは実は、コラボして身体の免疫力を高める働きをしていることが分かってきました。

それでは、逆に、免疫力アップのためには、質の良い腸内細菌を増やせば良いのではないか、という動きに注目が集まっています。

プロバイオティクスのチカラ

プロバイオティクスとは、腸内善玉菌のこと。

乳酸菌やビフィズス菌という言葉を聞いたことがあるでしょう。腸内善玉菌の代表です。

これらは食物として摂りいれ、腸まで届くことが必要です。ヨーグルトや漬物、キムチやコンブチャなどをバランスよく、毎日摂り続けることで腸内で善玉菌が増殖するようになれば理想的です。

今、よく聞かれる「腸活」とは、腸内細菌のバランスを整え、善玉菌が働きやすい環境を整えることです。

そして「菌活」とは、腸内で良い働きをする善玉菌を摂りいれること。

ところが、善い菌をたくさん含む食生活をなかなか顧みれないのが現実。そこで、腸まで届く善玉菌をサプリとして毎日飲むのはいかがでしょう。

気軽に腸活・菌活ライフ、はじめませんか?

直接、腸内善玉菌をサプリとして飲むのはとても手っ取り早くて効果が望める方法です。

多くの種類の腸内善玉菌が、たくさん入っているものを選びましょう。

それから、善玉菌がより‟活動しやすい環境”作りも大切です。

その点は、こちらのページにて…

 

 

 

おすすめの記事